ジム・ロジャーズ特集
(画像=ZUU online、撮影=村越将浩)

ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスとともに「世界三大投資家」と呼ばれるジム・ロジャーズ氏がインド人大富豪サチン・チョードリー氏の新著『これからの時代のお金に強い人、弱い人』刊行イベントのため来日した。富の築き方を知り尽くす2人に聞く。(聞き手:ZUU online編集部 菅野陽平)※インタビューは9月7日に実施

目次

  1. いま10歳の子が日本にいたとしたら、もうどこかに移住したほうがいい
  2. 成功者に共通していることは「情熱、パッション」
  3. ネバーギブアップの精神を持って、ずっとやっていく人が成功する
  4. 若い人には「君は本当は何が一番好きなの?」ということを聞きたい
  5. 人的資本は一族の永続的な発展に重要な要素

いま10歳の子が日本にいたとしたら、もうどこかに移住したほうがいい

ジム:本日はこの場に来れて、本当に光栄です。ご存じの方もいらっしゃると思いますが、日本というのは私が最も好きな国のひとつですし、そしてここ東京は特に好きな場所のひとつです。改めまして光栄です。サチンさんにご招待頂きました。ありがとうございます。

サチン:私こそ大変光栄です。お越し頂きありがとうございます。

——早速ですが、ジムさんが考えていらっしゃる世界経済の未来について、ぜひお聞かせ頂きたいと思います。いま様々なことが世界で起こっております。今後、世界はどうなっていくのでしょうか?

ジム:ビッグピクチャーからお話しますと、中国がこれからますます重要な国になるのではないかと考えています。私の子どもたちには中国語(マンダリン)を教えています。ご存知の通り、子どもたちの教育のためにシンガポールに移住してきました。なぜなら21世紀は中国の時代になると思っているからです。

中国が21世紀の覇者になるという意見には懐疑的な人もいるかもしれません。20世紀はアメリカが最大のパワーを持った国でしたが、戦争もありましたし、15回の恐慌もありました。そのように問題はありましたけれども20世紀最大の国になりました。なので中国に問題があったとしても、それを大きな障害と捉えないで欲しいと思います。

例えば中国の債務が大きくなっています。大気汚染がひどく、環境問題は深刻です。そして今、P2Pレンディングが急速に拡大しています。そのようなことが急激に拡大していく、もしくは修正させていく過程で、何かしらの問題が起こる可能性はあります。ただ何か問題があったときは「じゃあそこはチャンスだから、もうちょっと買おうかな」とも思っています。

fx移動平均線20世紀の覇者アメリカだって、これまで15回の大恐慌があったわけですね。そのうちの1回でも急落時に買っていれば、すごくお金が稼げたと思うんですよ。いま「そこで買っておけばよかった」と振り返るのは簡単ですが、実際のそのチャンスをモノにできるか、そこで買えるかは、やはり知識と勇気が必要です。

——これからの日本に関してはいかがでしょうか?