2019年度も年度末が近づき、確定申告のシーズンが始まる。企業勤めのサラリーマンであっても、ふるさと納税をした人や副収入が一定額以上ある人は無縁ではない。

面倒に思うかもしれないが、確定申告をすることは、税の仕組みや控除の制度について学ぶチャンスという見方もできる。

忘れると新たな課税も……確定申告とは?

確定申告
(画像=PIXTA)

fx移動平均線確定申告とは所得税に関する仕組みの一つ。1年間(1月1日〜12月31日)に生じた所得額とその所得額に対して課される所得税の金額を算出し、源泉徴収によって事前に差し引かれた税金などとの過不足を精算する手続きのことを指す。

fx移動平均線確定申告には期限が設けられており、2020年は2月17日(月)から3月16日(月)の間に手続きをする必要がある。平日に税務署の窓口で手続きする方法のほか、オンラインや郵送で手続きを済ませるといった方法もある。

確定申告をしなければならないにもかかわらず、申告を忘れた場合などは、実際に納めるべき税金以外に新たに課税されることになる。この税金は「無申告加算税」と言われ、自主的な期限後申告よりも税務署の調査を受けて無申告加算税が課される場合のほうが、税率が高くなるという特徴がある 。

確定申告の必要があるサラリーマンはどんな人か?

ただ、この確定申告は、すべての人がする必要があるというわけではない。民間企業に勤めているサラリーマンの場合、会社で年末調整を受けた給与以外の副収入が20万円以下であれば、確定申告は原則不要となる 。

ただ逆に言えば、給与を1つの企業から受け取りつつも副業などによる別の収入が20万円以上ある場合は確定申告をしなければならない。ちなみに給与の年収が2000万円以上ある人なども確定申告をする必要がある。

また、多額の医療費を支払った場合やふるさと納税や寄付を一定金額以上行った場合には税金の還付を受けることができるため、「還付申告」を忘れずにしておきたいところだ。

「住宅ローン」「医療費」……確定申告から学べるさまざまな控除制度

確定申告は手間を伴うもので、できれば避けたいと思っている人も少なくないのではないだろうか。企業に勤めている人の中には平日に税務署を訪れることが難しい人もいるだろう。オンラインや郵送での申告といってもどのように手続きをすればいいのか、最初は調べることが山積みだ。

fx移動平均線ただ確定申告を実際に行うことで、学べることもたくさんある。手続きを通じて税の仕組みを知ることができ、さまざまな控除制度などの存在についても知識を得ることができる。確定申告に真剣に向き合えば向き合うほど、新たに学ぶことは多くなるだろう。

例えば地方自治体に対する「ふるさと納税」をした人は、所得税の寄付金控除と個人住民税の寄付金税額控除を受けることができる 。また、一定の要件を満たしたうえで住宅ローンによってマイホームの新築や購入、改築などを行った場合には「住宅ローン控除」という仕組みが適用され、一定額の所得控除を受けることが可能だ。

確定申告の準備をする中で「医療費控除」について初めて学ぶ人も少なくないはずだ。確定申告の申告者やその申告者と生計を一にする配偶者や親族のための医療費の支出があれば、あらかじめ定められた計算式に従って医療費控除額を計算し、その金額を所得金額から差し引くことができる。

こうした控除の制度について知ることができれば、所得や節税に対する意識が大きく変わるはずだ。

所得に興味を持ったら次は資産運用も

確定申告を通じて所得に対する意識が高まったら、次のステップとして「資産運用」にも取り組みたいところだ。

fx移動平均線節税を「支出の削減」と考えるのであれば、資産運用は「収入の増加」だ。自らの資産の一部を金融商品の保有や不動産投資などに充てることによって、結果的に自分の資産を増やしていける可能性も高まる。

資産運用によって得られる利回りが年に数%だとしても、その利回り分を再び投資に充てればどんどん得られる利益が大きくなる。「複利」と呼ばれるこうした効果は資産運用の基本的な考え方の一つだ。

fx移動平均線「人生100年時代」の到来が近づきつつある中、働かなくなってからの生活費の確保に向けた備えとして資産運用を始めるというのは、現実的な選択肢の一つであると言える。

fx移動平均線ただ資産運用と一言でいっても、さまざまな方法がある。株式投資や投資信託の購入、不動産投資などのほか、国が後押しする「NISA」(少額投資非課税制度)や「iDeCo」(個人型確定拠出年金)も選択肢の一つだ。

資産運用の初心者は、それぞれにどのようなメリット、デメリットがあるかをまずは学ばなければならないが、それは誰でも一緒。自ら調べて実践することを通じて得られた知見が、結果的に将来の資産形成に大きな差をつける。

確定申告をするということは、こうした資産運用についても興味を持つ良い機会だ。確定申告をする必要がある人は手間だと思わずに、ぜひ積極的な姿勢で臨んでみてはいかがだろうか。