転職したい人にも、そうでない人にも不可欠!

市場価値,スキル,清水宏昭
(画像=THE21オンライン)

fx移動平均線終身雇用が当たり前ではなくなり、転職という選択肢が一般化した時代だが、転職市場での自分の価値を高めるためには、どのような働き方をすればいいのだろうか? 転職希望者はもちろん、転職を考えていない人も知っておくべき、そのポイントを、ハイクラス人材の転職サービスなどを提供している「iX」の統括編集長・清水宏昭氏に聞いた。

今もらっている給与で、自分の市場価値は判断できない

転職市場における自分の価値を客観的に判断できている方は、私の体感では、2~3割もいないと思います。多くの方は、実際よりも高く見ています。

自分の市場価値は、今もらっている給与を基準にして考えてしまいがちですが、給与というものは「曲者」です。ビジネスの構造上利益率が高く、全体として給与水準が高い業界の会社に勤めていれば、自分の給与も高くなります。その給与は、個人の能力に対する評価とは言えません。

fx移動平均線逆に、実際よりも低く、自分を評価している方もいます。専門職や研究職に多いのですが、「自分の能力は社外では役に立たない」と思い込んでいるのです。

例えば画像解析の研究者は、確かに10年前や20年前なら、採用したいという会社は多くありませんでした。「この会社にしか仕事はない」と思い込んでも仕方がなかったかもしれません。しかし今や、自動運転をはじめ、様々なビジネスで画像解析技術に注目が集まっており、その研究者は引く手あまたです。

fx移動平均線他の専門領域についても、同様のことが起こっていますし、これからも起こっていくでしょう。

あなたのテクニカルスキルは、どこまで「ポータブル」か?

では、転職市場における市場価値は、どのようにして決まるのか。私は、「テクニカルスキル」「コンセプチュアルスキル」「ヒューマンスキル」の3つで決まると整理しています。

テクニカルスキルとは、業務を遂行するために必要なスキルのことです。

皆さんが経験されてきたように、ある会社に新卒で入社し、自分が担当する仕事を与えられたら、それをするために必要なスキルがあります。そのスキルは、会社が研修を行なったり、上司や先輩が教えてくれたり、あるいは自分で試行錯誤したりして、身についていきます。これが、テクニカルスキルです。

市場価値を高めるために重要なのは、テクニカルスキルの中でも、ポータブルなものです。ポータブルとは、他の会社や業界でも通用するということ。ある会社でしか使えないテクニカルスキルは他社では評価されませんし、ある業界でしか使えないテクニカルスキルは、他の業界では評価されません。

fx移動平均線例えば、紙媒体に記事を書く記者のスキルは、ウェブ媒体に記事を書くことにも使えますから、その点ではポータブルなテクニカルスキルです。しかし、記者から全く別の職種に転職しようとしたら、自分の持っているテクニカルスキルがその職種においてどのように活かせるか検討する必要があります。

fx移動平均線また、かつてガラケーが普及した時期には、ガラケーのプログラミングの技術が非常に高く評価され、数多くの企業から求められました。しかし、スマホが台頭し、ガラケーを使用すること人が以前よりも少なくなった今は、ガラケーのプログラマとして働ける会社は当時よりは少なくなってしまいました。このように、世の中の変化によっても、あるテクニカルスキルがポータブルかどうかは変わっていきます。

実際には、なんらかの工夫をすることで、ある会社で身につけたテクニカルスキルを別の会社や業界にも応用できることが多いのですが、自分のテクニカルスキルがどこまで通用するのかを考えておくことは大切です。