fx移動平均線モトリーフール米国本社、2020年3月5日投稿記事より

失業率が低い労働市場では、従業員の定着率が重要になります。

そのため、メキシカン料理のファストフードであるチポトレ(NYSE:CMG)やヤム!ブランド(NYSE:YUM)のタコベルは、福利厚生や給与形態に変更を加えています。

タコベルは一部のマネージャーに対して10万ドルの給与を提供し、チポトレは特定の目標を達成した店舗の従業員にボーナスを支払っています。

fx移動平均線そして、チポトレは一部の従業員に新しい福利厚生を提供しています。

チポトレ
(画像=Getty Images)

チポトレの計画

プレスリリースによると、チポトレはレストランサポートセンターと該当するレストラン従業員に対して、出産した母親に12週間、父親と子供を養子に入れた人に4週間の有給育児休暇を与えます。

チポトレの最高人事責任者であるマリッサ・アンドラダはプレスリリースで「ここ1年、優秀な人材を最大限生かす環境を作り上げてきた。従業員が大切な時間を家族と分かち合い、記念すべき人生の出来事の際は仕事から離れて必要な時間を確保できるようにしたいと考えている」と述べています。

また、上級スタッフに対しては現在、無制限の有給休暇を試験的に付与しています。

福利厚生を強化する理由

fx移動平均線優秀な社員は企業から引っ張りだこです。

チポトレは顧客のためにタコベルやその他のチェーンと戦っているだけでなく、人材獲得においてもタコベルなどと競合になります。

このような動きは、従業員の勤続年数を伸ばす要素となります。

これは企業にとって大幅なコスト削減であり、経験豊富な従業員が競合に移って知識を伝えることを防ぐでしょう。(提供: The Motley Fool Japan


免責事項と開示事項fx移動平均線 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Daniel B. Klineは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、チポトレ・メキシカングリル株を保有し、推奨しています。