fx移動平均線モトリーフール米国本社、2020年3月12日投稿記事より

市場はひどく混乱しています。

新型コロナウイルスのパンデミックに対する恐怖は、市場全体の急激な下落を引き起こしました。

fx移動平均線世界の終わりのように下落した株もあります。 COVID-19の感染者数は深刻に見えます。

株価
(画像=Getty Images)

fx移動平均線しかし、データは市場の反応がいかに非合理的かを示しています。

ジョンズ・ホプキンス大学によると、12日の朝の時点で、世界中で128,000人近くの感染者が確認され、4,700人以上が死亡しています。

それはおよそ3.6%の死亡率であり、死亡した人々は高齢者であるか、免疫が弱っている傾向にあります。

ひどい状況ですが、これは黒死病ほど致命的な病気ではありません。今こそ、よりよい価格で株式を購入する時です。

fx移動平均線世界最高の投資家たちは、株式を売っていないと思われます。

fx移動平均線彼らは、お気に入りの企業の長期的な成長の可能性を考え、株式を買い増ししています。

これは、ウォーレン・バフェットを億万長者にした方法です。

私たちは、数ヶ月後まで、プロのファンドマネージャーが第1四半期に購入したものを知ることができません。

しかし、SECに提出された最新の13-Fファイリングでは、複数の投資家が第4四半期にカーマックス(NYSE:KMX)、アルファベット(NASDAQ:GOOG)(NASDAQ:GOOGL)、テキサス・インスツルメンツ(NASDAQ:TXN)を購入していることが判明しています。

その理由は次のとおりです。

1. カーマックス

fx移動平均線Chuck AkreはAkre Focus Fundのファンドマネージャーです。

2009年8月初から2019年12月まで年率16.7%のリターンを生み出しました。

fx移動平均線これはS&P 500インデックスのリターンを年に数%上回るものです。

fx移動平均線その素晴らしいパフォーマンスが示すように、Akreは上昇する株式を選ぶ方法を知っています。

彼が前四半期に大きなポジションを持っていた株式はカーマックスでした。

fx移動平均線同社株式は過去5年間、それ程上昇しませんでした。

fx移動平均線しかし、中古車販売環境の好転という恩恵を受けて最近株価が回復し始めました。

fx移動平均線第3四半期の純売上高は、中古車販売台数が前年比11%増加したことにより、二桁台前半の増加となりました。

fx移動平均線アナリストは、2020年にカーマックスが売上を10.4%、利益を7.7%増加させると予想しています。

確かに、オムニチャネルなどへの投資により、利益は圧迫されています。

しかし、これらの投資は長期にわたって利益を上げるものとAkreは考えています。

同社は過小評価されており、PER16.6倍で取引されています。

カーマックスは長期にわたって成長する可能性があります。同社は中古車の最大の小売業者です。

そして、2018年においては、新車から10年落ちの中古車の市場において4.4%のシェアを占めました。

2. アルファベット

アルファベットは、プロのファンドマネージャーの間で最も広く所有されている株式の1つです。

2人の投資の第一人者が、前四半期に同社に買いを入れました。

fx移動平均線GardnerRusso&GardnerのThomas RussoとMarkelの最高投資責任者であるTom Gaynerです。

Russoは、1984年から2011年まで、S&P 500インデックスを年4.7%上回るパフォーマンスをあげています。

一方、Markelは、30年以上にわたってS&P 500インデックス年1%上回っています。

両者は、長年にわたって持続的な成長を実現できる強力な企業に投資することを好みます。アルファベットは確かに強力な企業です。

fx移動平均線500億ドル以上のキャッシュフローを生み出しており、毎年2桁という高い割合で売上を伸ばし続けています。

fx移動平均線同社は、現金のほとんどをオンライン広告から得ています。

そして、今後は非広告ビジネスの成長が加速していると見ています。

YouTubeの広告収入は昨年150億ドルに達しましたが、YouTubeの有料チャンネル登録は年間30億ドルに留まりました。

グーグル・クラウドは2019年に売上を53%増加させ、アルファベットの総売上の5.5%を占めました。

fx移動平均線インフラストラクチャおよびデータ分析サービスを含むGoogle Cloud Platform(GCP)は、急速に成長しています。

fx移動平均線グーグルは昨年、設備投資に235億ドルを費やしました。

その多くは、ビジネスの長期的な成長をサポートするための、大規模なデータセンターと情報技術インフラストラクチャである土地と建物です。

毎年多額の費用が費やされているにもかかわらず、アルファベットは強固なバランスシートを誇ります。

現金および短期資金は1,190億ドル、借金は45億ドルという状況です。

グーグルは世界で最も有名なブランドの1つであり、非常に収益性が高く、急速に成長しています。

fx移動平均線さらに、この株は他の同業他社よりも割安だといえます。

たとえば、アマゾンは1株当たりの営業活動から得られるキャッシュフローの26倍で取引されていますが、アルファベットはわずか16倍で取引されています。(執筆時点)

3. テキサス・インスツルメンツ

fx移動平均線Gaynerが好むもう1つの株は、テキサス・インスツルメンツです。

同社は、アナログプロセッサと組み込みプロセッサを扱ってきました。

これらの製品は、同社の事業の92%を占めています。

売上と利益は減少しましたが、第4四半期は改善傾向を示しました。これは、ビジネスが好転していることを示す兆候かもしれません。

テキサス・インスツルメンツは、さまざまな業界で100,000人の顧客を持ち、車両やパーソナルエレクトロニクスを含む何万ものプロセッサを製造しています。

しかし昨年、自動車および産業界が売上の57%を占めました。経営陣はこれら2つの市場で長期的に成長すると予想しています。

同社には、効率化を推し進める文化があります。

現在、より効率的で粗利益率の高い新しい300ミリメートルウエハー用の新しい工場を建設するために、収益性の低い古いウエハーを段階的に廃止しています。

より高い利益率は、時間の経過とともに同社により大きなキャッシュフローをもたらします。

fx移動平均線昨年は売上の40%がフリーキャッシュフローに変換され、経営陣はそれを配当と自社株買いに使用しました。

fx移動平均線経営陣は第4四半期のカンファレンスコールで、需要と供給のバランスが改善されていると発表しました。

アナリストは現在、売上が今年0.5%減少すると予想しています。

fx移動平均線1株当たり利益は5.12ドルに低下すると予想されていますが、昨年の5.24ドルのEPSからわずかに低下しただけです。

2021年に向けて、売上と利益はそれぞれ7%と13%増加すると思われます。

fx移動平均線Gaynerはおそらくこれらすべての理由でテキサス・インスツルメンツを好み、売上が再び増加する前に株式を取得しようとしています。

同社はまた、3.04%の平均配当利回りを誇ります。(執筆時点)(提供: The Motley Fool Japan


免責事項と開示事項fx移動平均線 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。元記事の筆者John Ballardは、アップル株、を保有しています。モトリーフール米国本社は、アルファベット(A株)、アルファベット(C株)、アマゾン株、マーケル株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、テキサス・インスツルメンツ株を保有しています。モトリーフール米国本社は、カーマックス株を推奨しています。